株式会社メディアミックス|パチンコ・スロット遊技台入替サービス・島内環境整備サービス

働き方改革事業『残す、増やす』企業内キャリアコンサルティング

若手社員のやる気を引き出し、企業の持続的成長へとつなげる「企業内キャリアコンサルティング」

「企業内キャリアコンサルティング」とは

貴社のビジョンを踏まえた問題解決のための集合研修と、定期的な個別キャリアコンサルティングを組み合わせて従業員のキャリア形成を促進・支援することで、従業員のやる気を引き出し定着率を高め、貴社の持続的成長へつなげることを目的とした、従業員の定着・育成を図る「エンゲージメント施策」のひとつです。

エンゲージメントとは

今後、さらなる深刻な労働力不足が予測されるなか、若手社員の3人に1人が辞めるなど、従業員の定着率が低いままでは優秀な人材がますます確保できなくなるため、とりわけ中小企業にとっては重大な経営問題に発展します。
このような背景から、組織は従業員の成長の後押しと、長期的な業績向上に向けた人事施策が重要だと改めて認識し始めました。そこで注目されるのが、エンゲージメントです。組織に対する単純なロイヤルティーや帰属意識を高めることとは異なり、「従業員と組織が一体となって、双方の成長に貢献しあう関係」をいいます。


「多様性ある従業員がどんな状態におかれているか正確に把握されていますか?」
潜在化している状態を放っておくと、問題が顕在化した時には手遅れになってしまうことも・・・

そこで・・・
『企業内キャリアコンサルティング』を実施!

キャリアコンサルタントによるキャリア研修と個別コンサルティングの実施
従業員が社会の中で
自分らしく活躍する方向性に気づき実現できるように支援していきます


企業内キャリアコンサルティングのフロー

1. ヒヤリングと事前調査

まずは、ヒヤリングをさせていただきながら組織における問題の把握をします。次に、従業員の自律的なキャリア構築がどの程度できているのかについて事前調査をさせていただき、現状の把握を行います。必要であれば、パイプ役となる管理職のマネジメントがどの程度できているのかについても、事前調査を行います。

2. キャリア研修

事前調査結果を踏まえ、従業員にキャリア研修を行い、組織と自分のビジョンの擦り合わせや動機づけ、必要なマインドやスキルを学び、エンゲージメントを高められるよう自律的なキャリアを構築していただきます。必要に応じて、管理職には部下のキャリアをサポートできるようにマネジメント研修を行い、部下のエンゲージメントを高めるマネジメント力を身に着けていただきます。

3. 個別キャリアコンサルティング

定期的に個別で面談を行い、従業員が持つキャリアに関する課題を整理し、解決を支援します。

4. 事後調査とフォローアップ

改善策を実行した結果について事後調査で振り返ります。適宜フォローをしながら、組織全体の課題を解決していきつつ、従業員と組織が一体となって、双方の成長に貢献しあう関係を目指します。


講師プロフィール

~従業員と組織の持続的成長を後押しする 人材育成コンサルタント~

鈴木 さくら(すずきさくら)【学 歴】
早稲田大学卒業
法政大学大学院 政策科学研究科前期博士課程修了
(政策科学修士:女性の就労継続を研究)

【保有資格】
国家資格キャリアコンサルタント
国家資格2級キャリア・コンサルティング技能士
一般社団法人日本コーチ連盟認定コーチ養成プログラム修了
一般社団法人社会調査協会 専門社会調査士

日本航空グループ、学校法人(専門学校)を経て2012年に独立し、フリーランスの人材育成コンサルタント。現在は、「従業員と組織のビジョンを調和し、ともに持続的に成長させていくこと」をテーマに、研修やコンサルティングに取り組む。
これまでキャリアコンサルタントとして、そして講師として、高校生から管理職まで2000名以上のキャリア支援に携わるなかで、「個人へのキャリア支援だけでは本人も組織もhappyにならない」という問題意識を持ち、従業員と組織を調和して持続的に成長させていくことに注力した研修プログラムやコンサルティング手法を開発し、展開している。若年層の離職率低下や女性管理職率の向上などから、従業員と組織の好循環に多数貢献。クライエントの問題の本質を見抜き、寄り添う姿勢と確かな技術には定評があり、毎回の研修やコンサルティングの満足度は高く、リピートが後を絶えない。
一方、これまでの経験を活かし、2018年から国家資格キャリアコンサルタントの育成にも携わり、従業員と組織の架け橋役をさらに増やせるよう、力を入れている。

 

Return Top